分子量の小ささがポイント|基礎化粧品で美しさを保つ|30代の方に最適な化粧品の選び方

基礎化粧品で美しさを保つ|30代の方に最適な化粧品の選び方

婦人

分子量の小ささがポイント

女の人

内側からハリや潤いを実感

皮下組織の約95%は真皮が占めています。そしてその内の約70%がコラーゲンとなっており、人体の保水と保湿に大きな影響が与えている事が分かります。最近の流行の1つであるコラーゲン美容液は、その肌奥深くに美容成分を届けることが出来るため保湿ケアの人気アイテムとなっています。通常の美容液では保湿成分が含まれていても、それは表皮の部分に留まって保湿効果を発揮します。体内の角質層にまで保湿成分を運ぶには、分子量が大きすぎるためです。しかしコラーゲン美容液ならば、分子量が小さいので角質層にまで保湿成分を運ぶことが可能です。肌の内部から保湿効果を高めることで、肌の内側からハリや潤い感を実感できることが、コラーゲン美容液の人気の大きな理由です。

低分子化の加工が特徴

化粧水だけでは補うことの難しい美容成分を補うなどして、より肌の特定の悩みなどに集中的にケアを行うのが美容液の役割です。その中でもコラーゲン美容液は、その目的は保湿であり、肌への働きかけ方などで特徴的な部分があります。このタイプの美容液は、低分子コラーゲンと呼ばれる成分が配合されています。通常ほとんどの美容成分が到達できない、肌の角質層部分にまで到達して内部で保湿効果を発揮できます。それを可能としているのが低分子化と呼ばれる加工技術です。本来は角質層に到達できないコラーゲンを特殊な技術で低分子化しています。またその時にはヒト型コラーゲンと呼ばれる極めて人体内の同じ成分と近い構造を持つコラーゲンを使用しており、角質層まで成分が届く仕組みになっています。